作業者

賃貸契約のトラブルを防ぐために現状回復工事について調べよう

賃貸物件から退去する時

作業者

自分で業者を選ぶ

賃貸した部屋や事務所から退去する場合は、借り手は借りる前の状態に戻しておく義務が生じます。そのための工事を原状回復工事と呼びます。オーナーや不動産会社が定めた業者が原状回復工事をすることが多く、借り手が退去してから工事をし、その後に借り手に工事費の請求されるようになっています。借り手も原状回復工事の手続きなどの手間がないので便利ですが、その代わりに高額になることが多いです。なので、安い費用で原状回復工事をしたいのであれば、自分で業者を選ぶことが大切です。初めから決まっていない業者であれば、他社と価格競争をしながら営業しているので、安い価格で請け負ってもらえるケースが多いからです。また、退去した後に原状回復工事をされると、借り手の義務以上の工事をされていることもあり、必要以上の料金がかかることもあります。なので、原状回復工事は立ち合いながら行うことをおススメします。原状回復工事で行わなければならないことは、借り手が壊したり傷つけたりした分を修理することだけです。年月によって自然に色あせたものや古くなったものまで修復する必要はありません。ただ、どこまで修復するべきかは、オーナーと借り手で見解が異なるのも確かです。なので、原状回復工事を自分の指定する業者に行ってもらう時は、オーナーの了承を事前に得たほうがトラブルになりにくいです。できれば、一緒に工事に立ち会ってもらえれば最良です。入居を決めた時から、原状回復工事の業者を自分で選ぶと決めているのであれば、契約書に業者が指定されていないことを確認し、入居時の状態を写真に撮っておくといいです。