作業者

賃貸契約のトラブルを防ぐために現状回復工事について調べよう

元の状態にする

空室

借りていた事務所や店舗を返却する際には、原状復帰工事やスケルトン工事などの様々な工事を行う必要があります。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざもあるように、後を濁さないようにしっかりと工事を行わなければなりません。原状復帰とは、「建築物を元の状態に戻すこと」を指します。原状復帰ではなく、「原状回復」と表記されているケースもよくありますが、意味は同じです。どちらの表記を用いても間違いではないのですが、一般的に浸透しているのは原状回復の方なので、そちらに統一した方が良いでしょう。一方、スケルトン工事とは、建築物の内装を全て解体して、壁や排気設備などを元の状態に戻すことを指します。鉄筋コンクリートの建築物の場合、コンクリート打ちっ放しの状態に戻すケースが大半です。また、一般的な建築物においては、建築物の骨格だけを残して、内装や設備機器を入れ替える工事のことを指します。また、原状回復(原状復帰)工事などを行う際には、様々な確認や調査を行う必要があります。契約の内容確認や現地調査はもちろんのこと、廃棄物の処理方法などの後処理までしっかりと考えておかなければなりません。これは原状回復工事に限らず、あらゆる物事にも言えることですが、「どのように終結するか」によって、物事の評価や成果は大きく変わってきます。「終わりよければすべてよし」という言葉もあるように、「いかに気持ち良く退去できるか」に腐心することが大切です。