作業員

賃貸契約のトラブルを防ぐために現状回復工事について調べよう

元の状態にする

空室

事務所や店舗を返すときがきたら、原状復帰工事やスケルトン工事を行なっていきます。原状復帰(原状回復)は、建築物を元の状態に戻す工事です。一方、スケルトン工事は、建築物の内装部分を解体して、壁などを含めた設備を元に戻す工事のことを指します。

どちらの負担になるのか

空き部屋

トラブルにならないために

アパート、マンション賃貸の不動産物件から退去するときには、賃借人には現状回復義務が発生します。借りた時の状態に部屋を戻すことが法的に定められています。しかし、全てを元に戻すのではありません。綺麗な状態に戻すことは必要ですが、壁紙、フローリングの日焼けによる色の変化は対象とはなりません。経年劣化による毀損などは基本的に貸主の負担となります。賃借人の負担となるのは、賃借人が注意義務を怠ったことによる毀損です。例えば、水を出しっぱなしにして、畳、床を毀損させたりすることです。また、故意に破損させたことも現状回復の費用負担の対象となります。壁紙に画鋲を打つのは現状回復の対象となりませんが、シールなどを貼ってはがす時に壁紙がめくれたような状態になると現状回復の対象となります。飲料をこぼしたりすることは対象となりますし、エアコンを持ち込み、壁に穴を開けることも当然対象となります。それとは逆に耐用年数によるガス器具の毀損は貸主の負担となります。壁紙を数センチ破損させたとしても壁全面を修理することになるので注意は必要です。そして、家電製品をおいたことで、壁の電気やけ、フローリングの跡などは貸主の負担となります。基本的には自然による経年劣化による破損、劣化は貸主の負担ですが、管理の注意を怠ったことによる破損、劣化は賃借人の負担となります。国土交通省のホームページにガイドラインが記載されていますので、あらかじめ参考にしておくといいでしょう。

スピードが大切

工事

原状回復で部屋をきれいにすることで家賃を下げずに入居者を確保することを目指しましょう。スピードを重視しつつもクオリティを保ち適正な費用で工事をしてくれる業者に依頼することが大切です。評判もチェックして選びましょう。

賃貸物件から退去する時

作業者

賃貸物件から退去するときは原状回復工事が必要です。オーナーや不動産会社が指定する業者よりも自分で選んだ方が安くすむケースが多いです。その場合、トラブルにならないように、事前にオーナーの了承を得て、工事にも双方が立ち会うことをおススメします。